ページの先頭です 本文へスキップ
ここから大分類です 大分類はここまでです
ここから大分類内のメインメニューです

子育て

リストマーク出産・育児
子供をあずける


「くりはら田舎暮らし」
”くりはら”に移住するためのガイドブック

PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。

 

ページトップに戻る

 

メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

子育て

安心して育児ができる環境整備のために

ここでは、「子育て」に関する定住促進の主な取り組みを紹介します。

 

出産・育児
すこやか子育て支援金

お子さんが生まれたとき、小学校へ入学したときに、祝金を支給します。

  第1子・第2子 第3子 第4子 第5子以降
出生祝金 20,000円 50,000円 100,000円 200,000円
入学祝金 100,000円 100,000円 100,000円

 

子育て応援医療費助成事業

0歳から18歳までの児童の医療費を全額助成します。
・県内の医療機関で受診した場合は、窓口での支払いが不要になります。
・県外の医療機関を受診した場合、支払った医療費を申請により助成します。
※保険適用外の差額ベッド、食事代等は対象になりません。

 

特定不妊治療費助成

宮城県が指定する医療機関で特定不妊治療を受けている方に、治療費の一部を助成します。

 

母子保健健康診査事業

赤ちゃんとお母さんの安全と健康のために、妊婦健診の助成や新生児訪問、乳児健診、乳幼児健診、子育て相談などきめ細かい支援を実施しています。

 

妊婦・乳幼児の歯科健康診査

妊娠期のむし歯や歯周病の予防とセルフケア意識の向上、胎児の歯に対する意識づけによる乳幼児のむし歯抑制のために、市が指定する歯科医院で健診を受けた場合、市が健診料を全額負担します。

 

ブックスタート推進事業

赤ちゃんと保護者のみなさんが、心ふれあう時間を持つきっかけづくりとして、市内在住の赤 ちゃんに絵本を贈る事業です。  乳児健診(3~4か月児)の際に、各地区の図書ボランティアの協力で、絵本を開く楽しい体験とあたたかなメッセージを添えて、絵本(ブックスタート・ パック)を手渡します。

ブックスタート事業(概要) 

 

子供をあずける
保育所保育料2人目以降無料化

保育所及び幼稚園に2人以上同時に入所した場合、2人目以降の保育料が無料になります。

 

幼稚園預かり保育事業

仕事などのために、お子さんが帰宅しても保育ができない場合に、幼稚園で預かり保育や一時預かり保育を行っています。

 

放課後児童クラブ

保護者の就労や病気などにより、適切な保護及び教育を受けることができない、原則として小学校1年生から6年生までの児童に対して、学校の空き教室や公民館を利用して、家庭に代わる生活の場を提供します。

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる