婚姻の届け出から1年以内の新婚世帯が、市内の民間賃貸住宅に入居した場合、家賃の一部を助成します。

補助対象

対象者

次のすべての条件を満たす方

  • 平成25年4月1日以降に、市内の民間賃貸住宅に入居している
  • 婚姻の届出の日から1年以内で、夫婦ともに満40歳以下である
  • 市の住民基本台帳に同一世帯員として記録されている
  • 実質家賃額が3万1,000円以上である
    家賃から住宅手当を除いた額
  • 生活保護法の規定による住宅扶助等の公的制度による家賃の補助等を受けていない
  • 新婚者および世帯員が市税等を滞納していない
  • 家賃を滞納していない

補助金額

  • 実質家賃額から3万円を差し引いた額

月額上限1万円
※交付決定日の属する月から2年間交付
※1,000円未満の端数は切り捨て

申請期限

  • 平成32年3月31日まで

申請方法

 次の書類を最寄りの総合支所または企画部定住戦略室(下記問い合わせ先)に提出してください。

  • 申請書(様式第1号)
  • 同意書(様式第2号)
  • 婚姻事項が記載された戸籍謄本(発行日から1ケ月以内のもの)
  • 入居している民間賃貸住宅の賃貸借契約書の写し
  • 住宅手当の支給を証する書類
  • 家賃証明書または家賃の内訳を証する書類
  • 居住用面積が分かる書類 ※併用住宅の方のみ
  • 市税等を滞納していないことを証する書類(納税証明書等)
    ※申請する年の1月1日に市の住民基本台帳に登録されていない方のみ

※この他にも必要に応じ、書類を提出していただく場合があります。

申請用紙のダウンロード

 注意事項

 次の事項に該当する場合、補助金の交付を取り消し、返還を要求する場合があります。

  • 補助対象の要件を満たさなくなったとき
  • 不正が発覚したとき
  • この制度の規定に違反したとき